清広食品からのお知らせKiyohiro-information

2009年01月19日 (月) 18:01

弊社押し寿司が雑誌に掲載されたコメントの一部です。

各種雑誌に掲載されたコメント等を一部抜粋して掲載いたします。


株式会社リクルート 「じゃらん」


「たかな寿し」
彩りも鮮やかなさっぱり寿し高菜のシャキシャキが最高!


株式会社光文社 「FLASH」


「いわし寿し」
とろろ昆布でくさみゼロ。新鮮な“大羽鰯”を使用。薄く巻いた昆布は、
それ自体の旨みを引き出すためにあえてとろろ昆布にしている点がポイント。


株式会社双葉社 「週刊大衆」


「いわし寿し」
いわし料理の料亭で腕を振るっていたオーナーが考案。
大葉と鰯をのせ、まわりに昆布を薄めに巻くことで味に奥深さと落ち着きを与えている。


株式会社新潮社 「旅」


「たかな寿し」
あまり期待していなかったのだが食べてびっくり新発見!味が抜群なのだ。
よく見るとご飯の上に鮭のほぐし身をのせその上に薄焼き卵、それらをすっぽりと
高菜でくるんである。
鮭+卵焼き+高菜 こんな組み合わせは初めての体験でとても新鮮。
見た目もピンク、イエロー、グリーンで春の花畑のよう。


株式会社新潮社 「旅」


「いわし寿し」
弁当では珍しい鰯寿し。
新鮮な大羽鰯を独自の方法で臭みを取って酢じめにする。
酢飯と鰯の間にシソをしいてとろろ昆布で巻いているので
鰯本来の味がうまく引き出されている。


グランプリ


「たかな寿し」
トリコロールが美しい南のシャケ弁。三ツ星


株式会社マガジンハウス 「BOAO」


「たかな寿し」
高菜漬けと鮭、卵焼きが絶妙にマッチ。
秋田こまちを使用した酢飯を瀬高の高菜漬けで丸ごと包んだお寿司。
塩みのきいた鮭と甘めの卵焼き、高菜の組み合わせは意外なおいしさ。
シャキシャキとした歯ざわりもよい。
最高級の米酢を用いた秘伝の調味酢が味わいのポイント。

清広の押し寿司 さば寿司

一度食べたらきっと忘れられない美味しさのさば寿し新鮮で脂ののった鯖をふんだんに使用したさば寿しは体にも良く昆布とシソの相性も抜群の逸品です。清広の押し寿司を食べるなら、必ず一度は食べて頂きたい程の自信作です。一度食べたらきっと忘れられません。新鮮な活きたさば、吟味した舎利を口にはこぶと、独特のさばのくさみもなく、ほのかなしその風味が心地よくひろがり、お食事の友としてはもちろん、お酒の肴にも最適です。とろろ昆布を使用していますので、糸を引くような「ねばり」がありますが、品質にかわりはありません.­.­.­
RSS 2.0